ログイン
論  文
原  著
日本語のみ
Article
Original
Japanese Only

ブロッコリースーパースプラウトの摂取は,血中AGEレベルを低下させる

Oral consumption of sulforaphane precursor-rich broccoli supersprouts decreases serum levels of advanced glycation end products in humans

  • 山岸 昌一1)
  • 西野 友梨1)
  • 尾嶋 亜弥子1)
  • 松井 孝憲1)
  • 西 秀博2)
  • Yamagishi Sho-ichi1)
  • Nishino Yuri1)
  • Ojima Ayako1)
  • Matsui Takanori1)
  • Nishi Hidehiro2)
  • 1) 久留米大学医学部糖尿病性血管合併症病態・治療学
  • 2) 西内科医院
  • 1) Department of Pathophysiology and Therapeutics of Diabetic Vascular Complications, Kurume University School of Medicine
  • 2) Nishi Clinic

執筆者連絡先

Author Contact

山岸 昌一

〒830-0011 久留米市旭町67

久留米大学医学部糖尿病性血管合併症病態・治療学

shoichi@med.kurume-u.ac.jp

Yamagishi Sho-ichi

Department of Pathophysiology and Therapeutics of Diabetic Vascular Complications,

Kurume University School of Medicine, Kurume 830-0011

shoichi@med.kurume-u.ac.jp

Diabetes Frontier Online 2, e1-011, 2015 http://doi.org/10.15634/J0100_0201_011

受付日
2015-07-17
受理日
2015-07-23
掲載日
2015-07-27

Diabetes Frontier Online 2, e1-011, 2015 http://doi.org/10.15634/J0100_0201_011

Reception Date
2015-07-17
Accept Date
2015-07-23
Run Date
2015-07-27

要約

Abstract

 加齢に伴い生体内蛋白は糖化変性修飾を受け,構造的にも機能的にも劣化した終末糖化産物(advanced glycation end products:AGE)を形成するに至る。さらに,AGEは,細胞表面受容体であるRAGE(receptor for AGE)によって認識され,酸化ストレスや炎症反応を惹起させて,心血管合併症,アルツハイマー病,癌,骨粗鬆症などの老年疾患の発症・進展に関わることが知られている。われわれは以前に,試験管内において①スルフォラファンがAGEの形成を阻害すること,②スルフォラファンが血管細胞におけるRAGEの発現を抑えることを明らかにしてきた。本研究では,文書で説明と同意が得られた成人男女25名(男性11名,女性14名,平均年齢49.5歳)を対象に,スルフォラファン前駆体を高濃度に含むブロッコリースーパースプラウトを毎日25g,2ヵ月間摂取することで血中AGEレベルが低下するか否かについて,前向きに検討した。ブロッコリースーパースプラウトの摂取で,体重と体格指数(body mass index:BMI)が有意に減り,腹囲がおよそ2.5cm減少した。さらに,血中AGEレベルが24.5から19.6U/mLと顕著に下がり,HbA1c,拡張期血圧,総コレステロール,HDL-コレステロール,尿素窒素も有意に低下した。肝障害などの有害事象は,全く観察されなかった。また,体感と食事に対する意識に関するアンケート調査でも,被験者自身,体調の改善や減量を自覚しており,有意に食事に関する意識の向上が認められた。以上,スルフォラファン前駆体を高濃度に含むブロッコリースーパースプラウトを摂食することにより,生体内のAGE化が抑えられる可能性が考えられる。

   Reducing sugars can react non-enzymatically with the amino groups of proteins to initiate a complex series of rearrangements and dehydrations, and then to produce a class of irreversibly cross-linked macroprotein molecules termed advanced glycation end products (AGE). The formation and accumulation of AGEs in numerous tissues have been known to progress in a normal aging process. There is a growing body of evidence that AGE and their receptor (RAGE) interaction evoke oxidative stress and inflammatory and reactions, thereby being involved in cardiovascular disease, Alzheimer’s disease, cancer growth and metastasis, and osteoporosis. We have previously found that sulforaphane not only inhibits the formation of AGE in vitro, but also reduces RAGE expression in vascular cells. In this study, we examined whether oral consumption of sulforaphane precursor-rich broccoli supersprouts could decrease serum AGE levels in humans. Daily intake of broccoli supersprouts for 2 months significantly decreased body weight, body mass index and waist circumference, and reduced HbA1c, AGE, diastolic blood pressure, total and high-density lipoprotein cholesterol, and blood urea nitrogen levels. It also raised consciousness of eating healthy food. Our present study suggests that intake of sulforaphane precursor-rich broccoli supersprouts could suppress the formation of AGE in humans.

キーワード

  • AGEs
  • RAGE
  • スルフォラファン
  • 老化
本文を閲覧するにはログインしてください。